スポンサーサイト

  • 2007.08.24 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「金持ち父さんの子供はみんな天才」 ロバート・キヨサキ、シャロン・レクター

金持ち父さんの子供はみんな天才 ― 親だからできるお金の教育
ロバート・キヨサキ シャロン・レクター 白根 美保子
筑摩書房 (2002/11/08)
売り上げランキング: 18,513
おすすめ度の平均: 3.4
4 学校だけが学ぶ場ではない。そのとおりなのだろなと思いました。
2 焦点がぼんやりしているような内容でした
5 大人もみんな天才



真の投資家はなるべく不動産を売ったり、取引したりしないで利益を得るようにします。投資家の第一の目標は、あくまでも、買って、持ち続けることなんです。


●短期に儲けようとするのが投機、長期に儲けようとするのが投資ということでしょうか。


●借金して投資する場合でも、長期的に投資先のリターンで借金の利子を楽に返済できることが肝要です。


金持ち父さんの子供はみんな天才 ― 親だからできるお金の教育」 ロバート・キヨサキ、シャロン・レクター
(私の評価:★★★☆☆)



金持ちは夢のある者に使われる

力のある者は頭のいい者に使われ、頭のいい者は金持ちに使われ、金持ちは夢のある者に使われる。


●資本主義といえば、普通は資本家に搾取される労働者という見方が一般的ですが、本当の資本主義とは、夢を持っている人が資本家を利用している世界なのかもしれません。



読んでいただきありがとうございました!

「億万長者に弟子入りして成功する方法」スティーヴン・K・スコット

億万長者に弟子入りして成功する方法」スティーヴン・K・スコット
大和書房(2005/6)¥1,680
【私の評価】★★★☆☆(72点)


■著者紹介・・・スティーヴン・K・スコット

 9回の転職と失業を繰り返し、どん底生活を送る。
 一人のメンターと出会い、10番目の通販会社で成功をつかむ。
 テレビ通販で有名人を起用して、売上累計2000億円以上、
 年収は8億円となる。


─────────────────

●今では当たり前のように思うのですが、
 大金持ちや、大企業の社長は、わたしたちと同じ人間です。

 ただ、普通の人と異なるのは、
 ちょっとした考え方だけなのです。

 ・年収一億円クラスの人たちは、何かをやるときに、複数の視点から見ます。
  果たして、それをやることは、自分と周りの幸せにつながるのかを
  考えますまた、一回の仕事が何回もお金を生み出し、関係者のチャンスを
  広げていくのかを同時にチェックします。(p249)


●この本では、そのちょっとした考え方の差を学ぶために、
 メンターを探す方法を教えてくれます。

 それは簡単です。

 メンターとしたい人を選び、
 その人について徹底的に学び、
 その人に会えるようにアレンジします。

 ・自分の、どの夢、あるいは人生のどの分野で、
  メンターを探すかを決める・・・私には、結婚面でのメンターが二人、
  ビジネス面のメンターが一人いる。(p31)


●ちょっとした違いは、その人に会ってみると
 すぐに分かります。

 その人の書いた本でもわかりますが、
 直接会ってみると、本の100倍伝わるのです。


●メンターの大切さを再確認しました。

 これからメンターを一人追加設定したいと思います。
 そう思わせてくれたので、★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・批判は「何がいけなかったのか」を考えるチャンス(p197)


 ・情熱は、ビジョン、希望、達成感の三つでつくられる。(p234)


 ・三つ目のステップは、あなたの時間を増やすことだ。
  ・・・他人に仕事を任せれば、自分の使える時間が増える。
  ・・・自分は自分にしかできないことをすればいい。(p86)


▼引用は、この本からです。
億万長者に弟子入りして成功する方法」スティーヴン・K・スコット
大和書房(2005/6)¥1,680
【私の評価】★★★☆☆(72点)

■関連書評■
a. 「ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人」ハーブ・エッカー
【私の評価】★★★☆☆

b. 「ミリオネアの秘密」マーク・フィッシャー
【私の評価】★★☆☆☆


「となりの億万長者」トマス・J・スタンリー&ウィリアム・D・ダンコ

となりの億万長者―成功を生む7つの法則
トマス・J. スタンリー ウィリアム・D. ダンコ Thomas J. Stanley William D. Danko 斎藤 聖美
早川書房 (1997/09)
売り上げランキング: 11,764
おすすめ度の平均: 4.41
4 蓄財について参考になる
5 無駄遣いやめます
5 家計の守りの大切さ



中古車ハンターが金持ちになる最大の原因は倹約にある。倹約すれば投資する金ができる。


●これまで「お金持ちになる」というテーマの本を多く読んできましたので、お金持ちになる方法をまとめてみました。ホップ、ステップ、ジャンプということで3つに分けてみます。


●まず、ホップですが、お金持ちはお金を使いません。「となりの億万長者」という本では、まずお金持ちを探すのですが、はじめ高級住宅街に住む人を探したら、お金持ちは高級住宅街に住んでいなかったという話があります。高い住宅に住むと、元手となるお金がなくなってしまうのです。


●次にステップですが、お金持ちは、貯まったお金を自営業なら自分のビジネスへ、サラリーマンならリターンのある株、債権に投資します。当然、ビジネスはしっかりやりますし、投資の勉強にも時間をかけます。


●最後にジャンプですが、お金持ちはお金を使いませんので、貯まったお金、資産が減りません。お金持ちは、高級住宅街に住んでいませんので、車も中古車だったり、国産車です。生活も普通の労働者と変わりません。違うのはお金を生む資産を持っているということです。


●貧乏人はいい車を持っていますが、お金持ちはいい車を作る機械(実際には自動車会社の株)を持っているのです。


となりの億万長者―成功を生む7つの法則」トマス・J・スタンリー&ウィリアム・D・ダンコ
(私の評価:★★★☆☆)



「30日で億万長者になる方法」石井貴士、徳間書店

世界の成功者が明かす! 30日で億万長者になる方法
石井 貴士 ヒグチケンゴ
徳間書店 (2004/07/17)
売り上げランキング: 129,122
おすすめ度の平均: 3.12
2 原著と違うような・・・
1 うんこの中のうんこ
3 こんな方法があるんだな、と思うだけでいい

(評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です。)


●この本はシンガポールの18才、ジョー・クーマーが、世界のマーケッ
 ター成功者30人へメールで質問した結果を97ドルで売り出し、
 数千冊を売り上げたという情報商材「30日で成功するインターネット
 マーケティング」の要約版です。


●ただ、原書は30人のインタビューですが、本書はその中の6人分と
 なっています。30人で1万円だから、6人で1500円?


 ・彼は「自分が成功したわけではなく、他人の経験を使って成功した」
  (p17)


●他人の経験を編集して売るという、出版社の役割がインターネットに
 個よって人でもできる時代になったのが実感できる一冊です。


 ・自分の力だけじゃなくて、大勢の力を結集してチームにしてしまった
  ほうが、うまくいくんだよね。(石井)(p54)


●内容としては、成功者の思考がリアルに理解できる点が素晴しいと思い
 ます。成功者の共通点として成功イメージを持つ、自分の強みを分析す
 る、需要を予測するなど、理論で分かっていても、こうして実際に読ん
 で、みると「やっぱりそうなんだな」と実感できます。


 ・「集客はメールマガジンで、成約はホームページで」がインターネット
  の基本。(石井)(p137)


●技法としては、インターネットマーケティング系の本とさほど変わりま
 せん。これらのテクニックがこのような本によって、今後の常識となって
 いくのは良いことだと思います。


 ・検索エンジン広告のサービスを提供しているオーバーチュアのキーワード
  アドバイスツールを使って、1カ月の間にどんなキーワードがどれくらい
  検索されているかを調べる・・・自分のやろうとしているビジネスの
  「市場規模」が一発でわかる(石井)(p45)


●インターネットの常識は、ビジネスの常識になっていきます。インター
 ネットマーケティング関係の基本は押さえておきましょう。
 

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・セールスレターが成功するかどうかの80%は「ヘッドコピー」に
  かかっているので、目を引くヘッドコピーが何か、じっくりと時間を
  かけて考えます。(p92)


 ・アクセスカウンターをトップページにつけている人がいるんだけど、
  それはやめたほうがいい。何でかって言うと、アクセス数が少ないの
  が、訪問者にばれてしまうからだ(笑)(石井)(p103)


「30日で億万長者になる方法」
石井貴士、徳間書店(2004/07)¥1,575
(評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です。)


「だから、金持ちになれた「すごい習慣」!」ハン・サンポク、サンマーク出版

だから、金持ちになれた「すごい習慣」!
ハン サンボク 宮本 尚寛
サンマーク出版 (2004/06)
売り上げランキング: 140,350
おすすめ度の平均: 3.5
3 韓国の金持ち100人に聞きました
4 億万長者100人に聞きました(韓国編)



(評価:★★☆☆☆)


●韓国の新聞記者が143人のお金持ちの話を聞いて、その共通点をまと
 めた一冊です。人の話を聞く、早寝早起き、汗を流す・・・やはりお金
 持ちには共通点がありそうです。

 ・100人の金持ちに起床時間と就寝時間を尋ねたところ、彼らのほとんど
  が「早寝早起きしている」ことがわかった。(p76)

 ・金を稼いでくれるのは頭ではなく足である(p90)


●私はこの手の本は、事実に着目することが大切だと考えます。たとえば、
 お金持ちは株式が安いとき買うという行動をとります。これが事実です。

 ・金持ちは景気が回復する前に株式に投資するが、個人投資家は「株式市場、
  活況」という記事が新聞に載ってから投資をする。(p82)


●このような事実から、何を得るかは、著者や読者の力量により変ります。著者
 の力量がなければ的外れな分析となることもあるでしょう。しかし、事実だけ
 は変らないのです。


●そういう意味では、新聞記者である著者の分析レベルは高くありませんが、韓国
 のビジネスマンがどのように考え、どのように行動しているかの資料としては
 使えそうです。よって、星2つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・本書で紹介する100人の金持ちは「考え方だけでは、金は稼げない」と
  語っている。大切なのは考え方ではなく「習慣」だというのだ。金持ちに
  なる過程は苦難の連続であり、多くの敵と戦い、それに勝ち抜いて初めて
  富を蓄積できるのだと彼らは強調している。(p12)


 ・金持ちになるためには、手段を選ばないことです。・・・情に流される
  とこっちがやられてしまいますからね。・・・世の中、お金を儲けながら
  尊敬されることは滅多にありません。(p69)


 ・将来性を見抜くコツなんてありません。社長や社員が一生懸命やっている
  会社が成功するのです(p68)


 ・ソルさんは毎月の収入の半分を貯金するという「原則」を立てている。
  (p140)


 ・ジン・ソンさんは「ものを買うときは必ず三度は考える」という。まず
  最初にその商品が絶対に必要なものかどうか考える。(p148)


 ・「家庭が何よりも大切である」とう彼らの考え方である。貿易行を営む
  ミョン・インスさんは、「家族がいなかったら、何のために働くので
  しょうか」と聞き返した。(p190)


「だから、金持ちになれた「すごい習慣」!」ハン・サンポク、
サンマーク出版(2004/06)¥1,470(評価:★★☆☆☆)


読んでいただきありがとうございました!

「人生を変えた贈り物」アンソニー・ロビンズ、成甲書房

人生を変えた贈り物 あなたを「決断の人」にする11のレッスン
アンソニー・ロビンズ 河本 隆行
成甲書房 (2005/05/28)
売り上げランキング: 349
おすすめ度の平均: 4.71
5 学生の時に読みたかった!
5 贈り物いただきました
5 万人向けです。




(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)


●著者紹介・・・アンソニー・ロビンズ

 1960年生まれ。貧困な家庭環境のため大学進学を断念。アルバイトを
 しながら17歳からの2年間で700冊の成功哲学や心理学の本を読破し
 独自のスタイルのライブ・セミナーを展開。24歳で億万長者となる。


●この本はもともと、感謝祭のときに、恵まれない家庭に食料と一緒に
 プレゼントするために書かれたものだそうです。
 
 中身はいわゆる成功法則が一通り網羅されています。恵まれない家庭には
 最高のプレゼントでしょう。

 ・問題は昨日どうだったかではなく、今この時に何をするかだ。
  それなのにバックミラーを見ながら未来へ向かって車を走らせる人が
  多すぎる。(p36)


●驚きなのは、「ユダヤ人大富豪の教え」の本田健さんが、この本に影響
 されて「幸せな小金持ちへの8つのステップ」という小冊子を100万部
 もプレゼントしたということです。

 自分は人に何を与えられるか?これがアンソニー・ロビンズの成功法則の
 根本にあるようです。

 ・わたしの秘密は、・・・つねに、どうすれば人々の生活に価値あるものを
  加えられるか、と自問し続けた。・・・実際に人に何かを与えられるよう
  になるためには、まず自分がすぐれた人物なならなければならない(p27)


●内容は、普通の成功法則と変わりません。しかし、多くの人に影響を
 与えてきたという実績が説得力を増しています。

 ・パーソナル・パワーとは、決してあきらめずに行動を続ける能力のこと
  だ。何かの行動を起こせば、そこには必ず学ぶものがある。そこから
  道が開け、次にはもっとうまくできるようになる。(p39)


●実績と内容の充実度から★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・成功する人は例外なく、つねに全力を傾けて、少しでもよくなろう
  としている。・・・つねにもう一歩上を求めていく。「継続的な、
  終わることのない改善」という哲学(p132)


 ・何度でも立ち上がってくる人たちがいる。なぜそんなことができる
  のだろう。それは、彼らには闘うに値するだけの未来があるからだ。
  行動を起こさずにいられないほどの未来が。(p134)


 ・私は、何か目標を設定したときには、すぐにそれを支える行動をする
  ことにしている。・・・W・ミッチェルは、世界に貢献すると決めた
  その日から、会う人ごとに微笑むようにした。(p142)


 ・今のあなたより辛い立場にいる人を探し、その人の状況が今よりも
  “ほんの少し”だけよくなるように手助けしてください。(p150)


「人生を変えた贈り物」アンソニー・ロビンズ、成甲書房(2005/05)¥1,365
((私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)


「ミリオネアの教え、僕の気づき」河本 隆行、あさ出版

ミリオネアの教え、僕の気づき
河本 隆行
成甲書房 (2005/09/29)
売り上げランキング: 113,024
おすすめ度の平均: 4.92
5 若い世代に特に読んで頂きたい一冊です!
5 こんな自己啓発本は初めてです
5 アンソニー・ロビンズのセミナーが紙上体験できる!

(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)


●著者紹介・・・河本 隆行

 1969年生まれ。日本の大学を卒業後、渡米しUCLA卒業。
 読書やセミナーにはまり、2003年よりロバート・キヨサキ、
 アンソニー・ロビンズなどの同時通訳を務める。


●著者は、親に1000万円の借金をして32歳でアメリカの大学を卒業。
 暴漢に襲われ前歯を一本折り、安物の入歯で彼女なし。そして自殺未遂。
 よくある失敗者のパターンではないでしょうか。


●しかし、著者は、本との出会い、セミナー出席により、
 そんなどん底状態から、自分の人生を取り戻していきます。
 (私の経験と似ているところが泣かせます。)

 ・たった一人の人物、たった一冊の本、たった一つの言葉が
  運命を変える。僕はそう信じるようになったのです。(p21)


●本書に見る、著者のすごさは、著者が、読書やセミナー出席などで、
 見せる実行力です。

 ・僕は常にセミナーを最前列で受講する、いわば習性があります。
  ・・・僕はその席を<億万長者の席>と呼んでいます。(p33)


●さらに、著者がロバート・キヨサキ、アンソニー・ロビンズなどの
 同時通訳を務めながら経験した体験談を通じて、
 彼らの成功のエキスを教えてくれるのです。

 ・同じセミナーを何百回もやって人々に説明するのと、
  一回録画したセミナーのCDを何万枚売るのとどっちが
  いい?(ロバート・キヨサキ)(p54)


●著者の真剣さ、興奮が伝わってくるような一冊でした。
 1500円で、一流セミナーのエキスがわかるのですから
 お得です。★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・あなたの本当に欲しいもの、そして必要としているものは何ですか?
  その答えは<感情>です。
  あなたが本当に欲しいのは、素晴らしい感情、最高の感情です。(p98)


 ・ちょっとした男女の違いを知り、考え方を変えるだけで、
  とてつもない威力を発揮するのがこの<一輪のバラ>です。
  ・・・「現代の女性には<ロマンス>が必要になっている」(p170)


「ミリオネアの教え、僕の気づき」河本 隆行、あさ出版(2005/9) ¥1,470
(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)



「ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人」ハーブ・エッカー、三笠書房(2005/10)

ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」
ハーブ エッカー T.Harv Eker 本田 健
三笠書房 (2005/10)
おすすめ度の平均: 5
5 このタイトルに……
5 得をした気分
5 トゲのある内容に、ドキッとさせられる本です。


(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です)


●著者紹介・・・ハーブ・エッカー

 資産ゼロから2年半で億万長者になった秘訣を教える
 「ミリオネア・マインド」セミナーを全米各地で開催。
 25万人以上がセミナーに参加。



●アメリカ人を笑うジョークに
 「アメリカ人は,「時は金なり」とは考えない。
  全てが金であると考えている。」というものがありますが、
 同じように、この本では、いかに生きるかではなく、
 いかにお金持ちになるかがテーマになっています。


●確かに人間というものは、自分のイメージ(セルフイメージ)に
 コントロールされています。お金についても同様です。

 ・自分は十分価値のある人間だと信じていれば、十分なお金が
  手に入るようになる。・・・ビジネスの目標を「人の役に立つこと、
  人を喜ばせること」といった前向きな言葉と結びつけて考えよう。(p40)


●そして、そのセルフイメージがいつ形成されるかといえば、
 子供のころなのです。


●著者の場合は、父親が不動産開発を行っていたため、
 プロジェクトの初期は貧乏になり、後半はお金持ちになるという
 浮き沈みの激しい経験をしていました。


●著者はそんな生活が嫌いでしたが、自分を冷静に観察してみると、
 父親と同じような行動をしている自分に気付いたのです。


●気付いてみると、修正は簡単です。

 ・お金持ちになれる人は、「何でも学ぼう」と思う(p178)


●さらに、お金持ちの考え方に入れ替えていけば、
 さらにお金持ちに近づくのは本当でしょう。

 ・小さく考え、小さく行動していると、一文無しで欲求不満の一生を
  送ることになる。大きく考え、大きく行動すれば、お金と生きる
  意味を手にできる。(p85)


●後は、お金持ちマインドの説明となっています。

 これらお金持ちマインドについては、
 ありきたりのものが多かったので、★3つとしましたが、
 お金持ちになりたい方は、ぜひ読んでみてください。



■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「思考は現実化する」という宇宙の法則だ。・・・だから、「まさかの時」
  ではなく、「楽しい時」とか「お金の心配をしなくてもよくなった時」
  のために貯金するほうが、より建設的である。(p36)


 ・お金持ちになれる人は、セミナーに行く
  お金に縁のない人は、学校に行く(本田健)(p203)


 ・お金持ちになれる人はバリバリ働き、その代償(相手に価値
  を提供したことの対価)を得るのは当然だと考えている。
  (p118)


「ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人」ハーブ・エッカー、三笠書房
(2005/10)¥1,470(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です)



「大好きなことをしてお金持ちになる」本田 健、フォレスト出版

大好きなことをしてお金持ちになる ― あなたの才能をお金に変える6つのステップ
本田 健
フォレスト出版 (2003/02/22)
売り上げランキング: 11,057
おすすめ度の平均: 3.92
2 がっかりした自分に問題あり
5 あなたはドッチ?
5 人生を変えたいと思います

(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)


■著者紹介・・・本田 健

 経営コンサルティング会社、会計事務所、ベンチャーキャピタル会社
 などを経営。娘の誕生をきっかけにセミリタイヤ。現在は長野に移住し、
 育児のかたわら「お金と幸せ」に関するセミナー、執筆活動を行う。


●本田 健さんは経営コンサルティング会社、会計事務所、
 ベンチャーキャピタル会社などを経営していますので、
 いわゆるお金持ちがお客さまです。


●ところが、世間では成功者と言われるそれらの人々の多くが、
 不幸であることに本田さんは気づきます。


●そうした人たちは、BMWのM3のような高級車に乗りながら、
 高級なワインや食事を食べながらも、
 家庭が崩壊していたり、精神的には幸せではないケースが多いのです。


●本田さんが気づいたのは、そうした人たちは、お金は稼げますが、
 決して好きなことをしているわけではないということです。


●この本で、本田さんは、好きなことをして、経済的にも恵まれるという
 幸せなお金持ちになるためのステップを示しています。

 それは、まず第一に幸せの源泉を知り、そこにお金儲けの
 ポイントを見つけることです。

 ・「大好きなこと」と「お金持ち」を両立させるには?・・・
  彼らは、人生のある時点で大好きなことを見つけ、それを
  追い続けた結果、成功しているのです。(p17)


●そして、そこからさらに、お金に対する知識、ビジネスに
 ついての知識が必要となります。

 ・幸せに成功するためには、何でも我慢することから一歩考えを
  深めて、自分にとって本当に必要なものは何か、どのように
  お金を使うことが自分らしいのかについて考えることが必要です。
  (p143)


●仕事だけではなく、自己実現とのバランスをとろうという著者の考え方は、
 自分の生活を見直してみるきっかけになると感じました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「何かをした」ことへの後悔より、「しなかったこと」への後悔
  ・・・今は成功して富も名誉も手に入れたある老人に、「若いうちに、
  “老後の楽しみに思い出せるような失敗”をたくさんしたほうがいい」
  と言われました。(P233)


 ・幸せに成功した人がお金の面で応援するかどうかの判断基準は、
  自分が儲かるかどうかではなく、その活動が自分の考え方に
  一致しているかどうかです。また、その活動をやっている人を
  心から応援したいかどうかも大切なポイントです。(p145)


 ・アメリカの億万長者に関する研究で、ビジネス人口あたりの
  億万長者の多い業種はクリーニング屋・・・このビジネスは、
  「営業のコストがかからない」「リピートがある」「前金で、
  しかも現金でもらう」というすべての条件を満たしている(p188)


「大好きなことをしてお金持ちになる」本田 健、フォレスト出版(2003/2)¥1,365
(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)


無料速読メールセミナー
速読セミナー
【本のソムリエ流】一日一冊読む速読術

selected entries
categories
links
profile
search this site.
スポンサード・リンク
お薦め
関係書籍
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM