<< 「史上最高のセミナー」ジム・ローン他、きこ書房 | main | 「ワン・ミニッツ・ミリオネア お金持ちになれる1分間の魔法」マーク・ヴィクター・ハンセン&ロバート・アレン >>

スポンサーサイト

  • 2007.08.24 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「スイス人 銀行家の教え」本田健、大和書房(2004/05)

スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン
本田 健
大和書房 (2004/05/20)
売り上げランキング: 2,925
おすすめ度の平均: 3.8
4 業種をこえたお金というものの観点から
5 人間丸くならなくっちゃね - ポジティブに生きる
2 経験から出れば誰でも気づいていくことだと・・


(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)


●生きていくうえで、“お金”はとても大切なものです。お金があってこそ
 物の交換がうまくゆき、経済が成り立っていくのです。南の国に行かなく
 てもバナナが食べることができる。これこそお金の力かもしれません。


●しかし、その素晴らしい機能を持ったお金が万能かというと決してそう
 ではありません。お金さえあれば幸せになれると安易に考えると、それは
 お金に支配されている人生になってしまいます。


 ・人生にはもっと楽しめることがたくさんあるのに、多くの人間は、
  川の水(お金)を自分のバケツにたくさん入れることが人生だと
  勘違いしている。(p45)


●そうしたお金の特性を理解して、本当に幸せなお金持ちになろうというのが
 この本の主題となっています。前作、「ユダヤ人大富豪の教え」に一歩
 譲りますが、読みやすいのでお金について学びたい人には必読の一冊でしょう。

<参考>
ユダヤ人大富豪の教え」本田健、大和書房(2003/06)¥1,470


 ・ミリオネアの連中の成功のいちばんの鍵は、彼らが人生でいつも
  余分に払ってきたからなんだよ。(p165)


●こうしたお金持ちになるためのコツもしっかりカバーしているのが本田健
 さんの強さなのだと思います。


 ・幸せに成功する人たちは、今蒔いている種が、それがいいものであれ、
  悪いものであれ、必ず自分の人生に出てくることを知っている。(p170)


●最後に、口座を「ミリオネア口座」「日常口座」「自己投資口座」「プレゼ
 ント口座」「投資口座」に分けるといいそうです。口座は分けていましたが、
 こういう機能別にはしていませんでした。家内と相談してみます。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・他人がどう思うかではなく、自分が幸せになれるかどうかを基準
  にすることだ。(p168)


 ・人生で最も時間を効率よく使いたければ、自分のいちばん得意で好きな
  こと以外は、ほかの人にやってもらうことだ。(p171)



「スイス人 銀行家の教え」
本田健、大和書房(2004/05)¥1,470
(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)


スポンサーサイト

  • 2007.08.24 Friday
  • -
  • 07:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

無料速読メールセミナー
速読セミナー
【本のソムリエ流】一日一冊読む速読術

selected entries
categories
links
profile
search this site.
スポンサード・リンク
お薦め
関係書籍
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM