<< 「お金持ち脳になる10の習慣」米山 公啓、青春出版社(2005/02) ¥1,428 | main | 「史上最高のセミナー」ジム・ローン他、きこ書房 >>

スポンサーサイト

  • 2007.08.24 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「大金持ちをランチに誘え!」ダン・ケネディ、東洋経済新報社(2007/03)¥1,470

大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」
ダン・ケネディ 枝廣 淳子
東洋経済新報社 (2007/03/30)
売り上げランキング: 61
おすすめ度の平均: 3.5
3 気合を入れるための自己啓発が必要なら
4 第3章がとても為になりました。
4 主体的に生きることの重要性


【私の評価】★★★★☆


■著者紹介・・・ダン・ケネディ

 全米を代表するカリスマ講演者、コンサルタント。
 約100の企業とコンサルタント契約を結んでいる。
 年間10万人以上を対象とする講演をこなしている。


─────────────────

●米国における人気講演者ダン・ケネディの
 高額セミナー参加者向けに作られた一冊です。

 項目を数えると110項目くらいありますが、
 そのすべてが「調べ、大量に行動せよ!」
 ということに収束しています。

 ・行動モデルパターン・・・やる、感謝の気持ち、
  何かを成し遂げたいという思い、チャンスを探す、
  つくり出す、今やる!、参加、小さな成功であっても喜ぶ(p48)


●つまり、最初はだれでも初心者ですから、
 周到に準備すること、情報を集めること、学ぶことで
 やるべきことをリストアップします。


●そして、それらすべてを行動していくのです。
 「私はやる!行動する!」
 これがすべての成功への発火点となるのです。

 ・幸せなことに、私はいつも「やりもしないでどうしてわかるの?」
  と言われて育ってきた。わかりっこないではないか。(p93)


●このシンプルな成功法則を読者に説明するために
 110もの話を集めています。

 いかにこの世に行動しない人が多く、
 不幸の原因を環境のせいにして
 自らを不幸にしているということでしょう。

 ・他人に頼って幸せになろうと思っている限り、
  いつまでたっても幸せにはなれませんよ(p51)


●徹底した準備と、大量行動。

 それができれば確かにうまくいくでしょう。
 それができない人が多いから本書ができたのです。
 ★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・内なる助言者の声に耳を澄ませ!(p125)


 ・ジム・ローンは、「大金持ちをランチに連れて行きなさい」と
  勧めている。(p142)


 ・稼げるプロになるための速習七則
  1業界誌・専門誌のバンクナンバーを最低一年分読むべし
  2業界紙・専門誌の広告に問い合わせを出すべし
  3当該分野の第一人者、成功者、有名人を探すべし
  4「大御所」たちの書いた本を探すべし・・・(p72)


 ・何ごともタダでやってはいけない!・・・
  あなたが自分の時間を高く評価しないのだったら、
  誰もあなたの時間を高く評価しない。これは断言できる。(p105)


▼引用は、この本からです。
大金持ちをランチに誘え!」ダン・ケネディ、東洋経済新報社(2007/03)¥1,470
【私の評価】★★★★☆



■関連書評■
a. 「常識の壁をこえて」ダン・ケネディ
【私の評価】★★★★☆


b. 「野心を抱け」ジム・ローン
【私の評価】★★★★☆



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

スポンサーサイト

  • 2007.08.24 Friday
  • -
  • 06:57
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

無料速読メールセミナー
速読セミナー
【本のソムリエ流】一日一冊読む速読術

selected entries
categories
links
profile
search this site.
スポンサード・リンク
お薦め
関係書籍
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM