スポンサーサイト

  • 2007.08.24 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「ワン・ミニッツ・ミリオネア お金持ちになれる1分間の魔法」マーク・ヴィクター・ハンセン&ロバート・アレン


●成功のテクニックの方も、かなり広範囲を網羅しており、この一部使ってうまく成功して講演などしている人もいます。まずは、読んでみてください。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「あなたの人生を台なしにできる人間はひとりしかいない。それはあなた自身よ」


・目標確認の際には必ず“楽しい”の1語を加えること。


・最も速く、最も安全で、最も簡単な道は当該分野のトップランナーに弟子入りすること。


・私は複数の収入源を必要としている


・人生にはふたつの扉しかない。“安全”と書いてある扉と“自由”と書いてある扉。もしあなたが、“安全”の扉を選べば、両方とも失うのよ


ワン・ミニッツ・ミリオネア――お金持ちになれる1分間の魔法
ロバート・アレン マーク・ヴィクター・ハンセン 楡井 浩一
徳間書店 (2003/03/22)
売り上げランキング: 18649
おすすめ度の平均: 4.0
3 小説はおもしろかったけど、理屈のほうはちょっとね
5 勇気が出る、ピカイチのメンター本!
5 夢から現実への指南書


「スイス人 銀行家の教え」本田健、大和書房(2004/05)

スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン
本田 健
大和書房 (2004/05/20)
売り上げランキング: 2,925
おすすめ度の平均: 3.8
4 業種をこえたお金というものの観点から
5 人間丸くならなくっちゃね - ポジティブに生きる
2 経験から出れば誰でも気づいていくことだと・・


(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)


●生きていくうえで、“お金”はとても大切なものです。お金があってこそ
 物の交換がうまくゆき、経済が成り立っていくのです。南の国に行かなく
 てもバナナが食べることができる。これこそお金の力かもしれません。


●しかし、その素晴らしい機能を持ったお金が万能かというと決してそう
 ではありません。お金さえあれば幸せになれると安易に考えると、それは
 お金に支配されている人生になってしまいます。


 ・人生にはもっと楽しめることがたくさんあるのに、多くの人間は、
  川の水(お金)を自分のバケツにたくさん入れることが人生だと
  勘違いしている。(p45)


●そうしたお金の特性を理解して、本当に幸せなお金持ちになろうというのが
 この本の主題となっています。前作、「ユダヤ人大富豪の教え」に一歩
 譲りますが、読みやすいのでお金について学びたい人には必読の一冊でしょう。

<参考>
ユダヤ人大富豪の教え」本田健、大和書房(2003/06)¥1,470


 ・ミリオネアの連中の成功のいちばんの鍵は、彼らが人生でいつも
  余分に払ってきたからなんだよ。(p165)


●こうしたお金持ちになるためのコツもしっかりカバーしているのが本田健
 さんの強さなのだと思います。


 ・幸せに成功する人たちは、今蒔いている種が、それがいいものであれ、
  悪いものであれ、必ず自分の人生に出てくることを知っている。(p170)


●最後に、口座を「ミリオネア口座」「日常口座」「自己投資口座」「プレゼ
 ント口座」「投資口座」に分けるといいそうです。口座は分けていましたが、
 こういう機能別にはしていませんでした。家内と相談してみます。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・他人がどう思うかではなく、自分が幸せになれるかどうかを基準
  にすることだ。(p168)


 ・人生で最も時間を効率よく使いたければ、自分のいちばん得意で好きな
  こと以外は、ほかの人にやってもらうことだ。(p171)



「スイス人 銀行家の教え」
本田健、大和書房(2004/05)¥1,470
(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)


「史上最高のセミナー」ジム・ローン他、きこ書房

史上最高のセミナー」ジム・ローン他、きこ書房(2006/10)¥1,680
【私の評価】★★★★★


■著者紹介

 ジム・ローン・・・成功哲学の講演家
 マーク・ビクター・ハンセン・・・「こころのチキンスープ」の著者
 ウォーリー・エイモス・・・チョコチップ・クッキー会社の創設者
 ジャック・キャンフィールド・・・「こころのチキンスープ」の著者
 ロバート・アレン・・・「億万長者入門」の著者。
 シャロン・レクター・・・『金持ち父さん』シリーズの共著者。
 マイケル・ガーバー・・・起業家コンサルタント
 ジム・マッキャン・・・花のフランチャイズのオーナー
 ジェイ・コンラッド・レビンソン・・・ゲリラ・マーケティングの著者


─────────────────

●最近、本のソムリエは、本からセミナーに
 力を入れようと思っているのですが、
 セミナーの良さを確信させる一冊でした。

 前半のジム・ローン、「こころのチキンスープ」のマークとジャック
 の話だけで軽く元をとったという気分になりました。


●みなさんに共通しているのは、
 成功するための思考の大切さです。

 成功する考え方を体得し、習慣化してしまえば、
 全てを失っても、すぐに成功することができるわけです。

 ・今、家もお金も車もすべて奪われたとしても、どうということはない。
  そういったものをつくり出す方法を知っているからね。なぜなら、
  わたしはそういった人間になったのであって、所有するもので今の自分
  になったわけではないからだよ。(ジャック・キャンフィールド)(p165)


●では、どうすれば、その成功者の考え方を
 学ぶことができるのでしょうか?

 それは、本であり、人(メンター)なのです。

 自分のためのメンターのチームを作ろうという考え方に
 ひかれました。

 ・マスターマインドは金持ちのとっておきの秘密の一つだと思うね。
  基本的には、自分の少なくとも二倍の収入を得ている人を
  五〜六人集めてチームをつくるといいだろう。
  (ジャック・キャンフィールド)(p179)


●また、他の共通点としては、
 自分はできるのだという自尊心を持つ大切さです。

 こうした自尊心は、小さな成功を積み重ねることで、
 大きくすることができるのです。

 ・自尊心をおおいに高めていくためには、
  何か小さなことを始めるだけでいい。(ジム・ローン)(p33)



●最後に、寄付の大切さが繰り返しでてきます。

 寄付というと日本ではあまり一般的ではありませんが、
 大きな力を持っているようです。

 本のソムリエも、この本を読んで読書普及活動の利益の一割を
 NPOに寄付をすることに決定しました。

 ・収入の一割を納めた瞬間、「世の中」全体が自分に向かって開かれる。
  というのは、それによって自分の態度が変化するだけでなく、
  原因にはすべて結果があるからだ。(ジム・ローン)(p85)


●素晴らしいを突破して、すごい一冊でした。
 ★5つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・メンターの一人、ショアフ氏が教えてくれたんだ。
  「成功とは、自分がそれにふさわしい人間になることで
  引き寄せるものだ」(ジム・ローン)(p20)


 ・こうした夢や目標は、やる気に火をつけるものだよ。
  まず、ただちに行動を引き起こすような目標を持つことが必要だ。
  (ジム・ローン)(p41)


 ・もう一度いってもらえますか、ジム?
  その日の計画を終える前に、その日を始めてはいけない。
  (ジム・ローン)(p62)


 ・自分が望むものを明確にして、それを書き出し、視覚化すること。
  くわえて・・・仲間が集まったら、自分たちの夢をまとめる。
  そうすれば、その二人は奇跡を生み出すことができるんだ。
  (マーク・ビクター・ハンセン)(p97)


 ・『思考は現実化する』はたぶん200回は読んだね。
  (マーク・ビクター・ハンセン)(p101)


 ・非常に成功している人物で自分が共鳴できる誰かを見つけることだね。
  そしてこれからニ年間、その人物から学ぶことだよ。
  成功者から学ぶことなく大成功を収めた人はいないからね。
  (マーク・V・H)(p120)


 ・よりよい方法とは、自分の事業を築き上げることがんだよ。・・・
  自分の「フランチャイズの基本形」をつくることが必要なんだ。
  (マイケル・バーガー)(p301)


 ・有名シェフ、ジェームズ・ビアードは何年も前にこう言っている。  
  「すばらしいレストランへの鍵、つまり客の推薦を得られるかはただ一つ、
  レストランが客の名前を覚えていることだ」とね。(ジム・マッキャン)(p340)


▼引用は、この本からです。
史上最高のセミナー
史上最高のセミナー
posted with amazlet on 07.06.27
マイク・リットマン ジェイソン・オーマン ジム・ローン マーク・ビクター・ハンセン ジェイ・コンラッド・レビンソン ジャック・キャンフィールド ロバート・アレン シャロン・レクター マイケル・ガーバー 河本 隆行
きこ書房 (2006/10/07)
売り上げランキング: 1433
おすすめ度の平均: 4.5
4 言葉が参照するのは結局自分自身
5 とっつきやすい。
1 なんだかなぁ・・・

【私の評価】★★★★★


■関連書評■
a. 「賢者の書」喜多川 泰、ディスカヴァ21
【私の評価】★★★★★

b. 「ある成功者の秘密」アラン・コーエン
【私の評価】★★★★★


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

「大金持ちをランチに誘え!」ダン・ケネディ、東洋経済新報社(2007/03)¥1,470

大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」
ダン・ケネディ 枝廣 淳子
東洋経済新報社 (2007/03/30)
売り上げランキング: 61
おすすめ度の平均: 3.5
3 気合を入れるための自己啓発が必要なら
4 第3章がとても為になりました。
4 主体的に生きることの重要性


【私の評価】★★★★☆


■著者紹介・・・ダン・ケネディ

 全米を代表するカリスマ講演者、コンサルタント。
 約100の企業とコンサルタント契約を結んでいる。
 年間10万人以上を対象とする講演をこなしている。


─────────────────

●米国における人気講演者ダン・ケネディの
 高額セミナー参加者向けに作られた一冊です。

 項目を数えると110項目くらいありますが、
 そのすべてが「調べ、大量に行動せよ!」
 ということに収束しています。

 ・行動モデルパターン・・・やる、感謝の気持ち、
  何かを成し遂げたいという思い、チャンスを探す、
  つくり出す、今やる!、参加、小さな成功であっても喜ぶ(p48)


●つまり、最初はだれでも初心者ですから、
 周到に準備すること、情報を集めること、学ぶことで
 やるべきことをリストアップします。


●そして、それらすべてを行動していくのです。
 「私はやる!行動する!」
 これがすべての成功への発火点となるのです。

 ・幸せなことに、私はいつも「やりもしないでどうしてわかるの?」
  と言われて育ってきた。わかりっこないではないか。(p93)


●このシンプルな成功法則を読者に説明するために
 110もの話を集めています。

 いかにこの世に行動しない人が多く、
 不幸の原因を環境のせいにして
 自らを不幸にしているということでしょう。

 ・他人に頼って幸せになろうと思っている限り、
  いつまでたっても幸せにはなれませんよ(p51)


●徹底した準備と、大量行動。

 それができれば確かにうまくいくでしょう。
 それができない人が多いから本書ができたのです。
 ★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・内なる助言者の声に耳を澄ませ!(p125)


 ・ジム・ローンは、「大金持ちをランチに連れて行きなさい」と
  勧めている。(p142)


 ・稼げるプロになるための速習七則
  1業界誌・専門誌のバンクナンバーを最低一年分読むべし
  2業界紙・専門誌の広告に問い合わせを出すべし
  3当該分野の第一人者、成功者、有名人を探すべし
  4「大御所」たちの書いた本を探すべし・・・(p72)


 ・何ごともタダでやってはいけない!・・・
  あなたが自分の時間を高く評価しないのだったら、
  誰もあなたの時間を高く評価しない。これは断言できる。(p105)


▼引用は、この本からです。
大金持ちをランチに誘え!」ダン・ケネディ、東洋経済新報社(2007/03)¥1,470
【私の評価】★★★★☆



■関連書評■
a. 「常識の壁をこえて」ダン・ケネディ
【私の評価】★★★★☆


b. 「野心を抱け」ジム・ローン
【私の評価】★★★★☆



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

「お金持ち脳になる10の習慣」米山 公啓、青春出版社(2005/02) ¥1,428

お金持ち脳になる10の習慣―富と幸せを引き寄せる「脳のスイッチ」の入れ方
米山 公啓
青春出版社 (2005/02)
売り上げランキング: 87,841
おすすめ度の平均: 5
5 真の意味での 人生の成功者になるためにー



(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)


●著者紹介・・・米山 公啓

 1952年生まれ。医学博士。臨床医として患者の治療に当たりながら、
 エッセイ、実用書などの執筆から、講演、テレビ出演などを行っている


●今では定番になったようなお金持ちとの出会いから、成功・幸せになる
 法則について学ぶ一冊です。

 豪華客船クルーズが舞台になっていますが、著者は実際にクルーズに
 何回も行かれているそうで、その設定に思わず引き込まれます。


●先生となるお金持ちは、サラリーマンから独立して成功したという
 設定ですから、サラリーマンから企業家まで広く対応した秘訣を学ぶ
 ことができるのが特徴です。

 ・成功したときの感覚の想像を徹底的にしてみるんです。(p65)

 ・成功した時の感覚を脳の中で作っておけば、成功しても驚くこと
  なく受け入れられるということですね(p67)


●特に印象に残ったのは、【共感】の使い方です。

 著者の主張は、人の成功に共感すれば、
 それは自分へのモチベーションになる。

 ・人の幸福を一緒に素直に喜ぶということは、自分も幸福を体験すること
  になります。・・・賞賛を浴びた快感を自分も同じように
  想像してみるんです。(p93)


●そして、失敗者に共感すれば、失敗を自分でしてしまったような効果が
 えられるという考え方です。

 ・共感することで、相手の辛い記憶と同じものを自分の脳の中に作り
  出せれば、自分の経験したことと同じように脳には有利な記憶に
  なります。いい気味だと思っているだけなら、
  なんのプラスにもなりません。(p78)


●「愚者は自分の経験に学び、賢者は他人の経験に学ぶ」という
 ことわざを聞いたことがあります。
 賢者となるためには、本物の【共感】が必要ということでしょう。


●思わずクルーズの旅に引き込まれる設定が素晴らしく、
 幸せのための学びもレベルが高いので★5つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・予測するには、まず、実現したいことを見定めて、それが実現
  できると本気で思うことだろうね。(p40)


 ・『先生さあ、生きたいよ。先生に看取られるのもいいけど、やっぱり
  生きたいよ。お金なんかいくらあっても、死ぬってことには勝てない。
  俺は金にこだわりすぎたのかな』。そう言われて、
  私ははっとしました。(p120)


 ・何かを決めるとき、できるだけ“他人も喜んでくれて、なおかつ自分も
  心地よく感じること“を選んでいこうとするだけでも全然違いますよ。
  (p137)

「お金持ち脳になる10の習慣」米山 公啓、青春出版社(2005/02) ¥1,428
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)


「お金の女神に好かれる15の条件」見山敏、実業之日本社(2003/09)¥1,380

お金の女神に好かれる15の条件
見山 敏
実業之日本社 (2003/09)
おすすめ度の平均: 4.67
4 お金に限らず人生での成功のための指南本
5 共感し、勇気をもらいました
5 うんうんうなずける

(評価:★★☆☆☆)


●私が最近驚くのは、家計簿をつけていない人が多いということです。
 よくあるパターンとしては、奥さんが家計を管理していて、夫は毎月
 おこずかいをもらうというものです。


●奥さんが家計を管理しているとは言いますが、実際には家計簿をつける
 でもなく、支出を減らすことだけを考えているようで、「節約○○術」
 のような本を読んで節約に励んでいたりするのです。


●この本は、このようなレベルの人がステップアップするために、最適な
 一冊かもしれません。お金の考え方から、人生の考え方までステップ
 アップしていく内容だからです。


●ミス・エンジェルがでてきて非常に分かりやすくお金の秘訣を教えてくれ
 ますので、入門編としてお勧めします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・もし、投資をするなら、あくまで自己責任が前提です。余裕資金で相場を
  やるなら経済の勉強にはもってこいです。(p91)


 ・よいアイディアが浮かんだら、面倒だからといってあと回しにせずに、
  すぐに行動に移せる人が将来、お金持ちになれる人なのですね(p134)


「お金の女神に好かれる15の条件」見山敏、実業之日本社(2003/09)
¥1,380(評価:★★☆☆☆)

「金持ち父さんの投資ガイド上級編」ロバート・キヨサキ、シャロン・レクタ筑摩書房(2002/03)¥1,995

金持ち父さんの投資ガイド 上級編 ― 起業家精神から富が生まれる
ロバート キヨサキ シャロン レクター 白根 美保子 林 康史 今尾 金久
筑摩書房 (2002/03/20)
売り上げランキング: 8,243
おすすめ度の平均: 3.59
5 指南の書
3 私にはむずかしい
4 勤労所得を不労所得とポートフォリオ所得に変える

(評価:★★☆☆☆)


●投資家とは一種の知識労働者だと思います。情報を集め、分析・判断し、
 そして投資を決断します。もしその行動が間違っていれば、その責任は
 自分がとるわけです。


●投資を危険と感じるのは、その判断の結果が直接自分に返ってくる
 からでしょう。


 ・投資をすることは危険ではない。コントロールできないことが危険
  なのだ(p18)


●そういう意味で投資とは、自分との戦いであり、現実との戦いと言え
 ます。いかに現実を知り、自分の状態を知ることができるのかという
 ことです。


 ・バブルの語源となった南海泡沫の投機熱に巻き込まれ、財産の大部分を
  失ったアイザック・ニュートンは「天体の動きは計算できても、人々の
  狂気は計算できない」と言ったとされている。(p40)


●投資の結果とは、いかに社会にとって有益な会社を応援しているかどうか
 の神様からの成績書なのかもしれません。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・きみが自分のアイディアを富に変えようとし始めると、たくさんの人が
  『きみにはそんなことはできない』と言ってくるだろう。きみのすばら
  しいアイディアを殺すの最大の敵は、考え方がせまく、限られた想像力
  しか持っていない、そういう人たちだ(p13)


 ・お金持ちになりたかったら、たくさんのお金を作り出すためのプランを
  持たなくてはいけない。それと同時に、実際にお金を儲ける前に、儲け
  たお金で何をするか、プランを持たなくてはいけない。(p268)


 ・洗練された投資家は富から生じる社会的責任を認識していて、富を
  社会に還元する。(p188)


「金持ち父さんの投資ガイド上級編」ロバート・キヨサキ、シャロン・レクタ筑摩書房(2002/03)¥1,995
(評価:★★☆☆☆)

「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」ロバート・キヨサキ、筑摩書房(2001/06)

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
ロバート キヨサキ 白根 美保子
筑摩書房 (2001/06/27)
売り上げランキング: 2,669
おすすめ度の平均: 4.03
5 ラットレースから抜けたい!!と強烈に思った!
5 お金・資産・資本・お金持ちとは何なのかを説明している珍しい本
2 たしかに、、、


(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)


●最近、大学で企業家を育てる!などと言っていますが、その本当の意味がよく分かる本です。企業家とはビジネスの仕組みを作る人なんですね。

・E(従業員)はシステムのために働く
 S(自営業者)は本人がシステムとなって働く
 B(ビジネスオーナー)はシステムを作り出したり、管理したりする
 I(投資家)はシステムにお金を投資する(p167)


●私は、高校で、この本で言う「従業員」「自営業者」「ビジネスオーナー」「投資家」という区分けを教えてもらいたかったですね。世の中を見る視点として、微分積分より必要だと思います。


●でもそれは永遠にないでしょう。だからこそ、この本を読まなくてはなりません。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「経済的自由なしには、ほんとうの自由を手に入れることはできない」金持ち父さんはよう言っていた。(p6)
<お金が大切なのではなく、経済的自由が大切なのです>


・私はよくこんなふうに自問する
「私はいまパイプラインを建設しようとしているのか、それともバケツで水を運ぼうとしているのか?」(p12)
<これは仕事でも利用できそうです。私は作業をしているのか、それとも仕事の仕組みを作ろうとしているのか・・>


・株を買う人には絶対なってはいけない。きみが大人になったときに目指すのは、株式ブローカーが売り買いするような株を作り出す人間になることだ。(金持ち父さん)(p108)
<なるほど。社会に役立つ組織、仕組みを作り出すのが大切なんですね>


・「そんなことはあなたにはできない」という言葉はかならずしも「あなたにはできない」ということを意味しない。むしろ、それを言っている当人ができないことを意味していることの方が多い。(p135)
<私も「あなたにはできない」と言ってもらいたいタイプです。やればできるものがほとんどですから、すぐに復讐できます。>


・B(ビジネスオーナー)あるいはI(投資家)のクワドラントへの移動を考えている人は、まずは小さいところから始めること、そして、じっくり時間をかけることだ(p230)
<BとIには失敗というリスクがあります。取り返しのつかないリスクはとらないこと>


・貧乏父さんは、重要なのは給料だと思っていた
 金持ち父さんは、重要なのは不労所得だと教えてくれた(p288)



「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドランド」
ロバート・キヨサキ、筑摩書房(2001/06)¥1,995
(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)


読んでいただきありがとうございました!

「ユダヤ人大富豪の教え」本田健、大和書房

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣
本田 健
大和書房 (2006/02/09)
売り上げランキング: 1110
おすすめ度の平均: 4.0
3 中高生にお薦め
4 物語形式なのでとても読みやすかったです
3 人生を豊かに生きるための方法



金持ちに使われる側に立ちたければ、MBAに行きなさい。金持ちになりたければ、セールスを学びなさい。


●商売というものは芸術のようなものです。技術が必要です。独自性が必要です。そして、人間性が必要となります。結局、経営とは、売ることに始まり、売ることに終わるということだと思います。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・夢を追いかけるのを忘れて、安定した人生を選んだ人間は、言ってみれば『退屈な人生を生きる終身刑』を自らに課しているのに等しい。


・大好きなことに巡り合う一番の方法は、いまやっていることが何であれ、それを愛することだ。目の前にあることを愛し、それに全力投球できれば、あとは、導かれるように次々におもしろい出会いやチャンスに出くわす。


・人生に迷ったとき、自分が何をすれば楽しいのか、胸に手を当てて聞きなさい。そして、自分のハートの声を聞き、人生の羅針盤にするのだ。


・日常的に自分が考えていることを絶えずチェックしなさい。・・・・・・日常的に考えていることが人生をつくる。


・健康に気を遣う人は、口に入れるものに注意する。食べものが体をつくることをよく知っているからだ。だが、人生の健康を望む人間のほとんどが、頭に何を入れるのかにさっぱり注意しないのは、不思議でならないね。


・成功したければ、少し格上の人間とつき合いなさい。


・偉い人には、あたかも彼が偉くないかのように接しなさい。そして、偉くない人には、あたかもその人が偉い人のように接しなさい。


・貧乏人の口癖は、『ふだん頑張っているご褒美に買っちゃおう!!』。一方、金持ちの口癖は、『いまの私には必要ないな。またにしておこう』


・もし自分でできたとしても、できるだけ多くの人を巻き込んで助けてもらうことだ。そしてその人たちに感謝して喜んでもらうことが君の成功のスピードを速めるのだよ。


・決断力を高めるには意識的に決断をしていくしか方法がない。筋力トレーニングと一緒だ。


●恐るべき本です。私が手帳にメモした言葉だけで50にもなりました。新記録です。


●ケンがゲラー氏から成功の秘訣を教えてもらい、最後に「君は必ず失敗するだろう」と言われるところでは、涙が溢れ出しました。


「君は必ずたくさん失敗する。でも、要はその失敗からどれだけのことを学んで、カムバックするかだ。自分でダウンを認めない限り、人生のゲームに負けはない。これだけは、覚えておくんだ。何回ダウンをしても、必ず立ち上がれ。」


●この本は、30万部売れたそうですが、それでは足りません。義務教育で教えるべき本です。なぜなら、この本で学ぶべきは、文部科学省の人と教職にたずさわる人だからです。


ユダヤ人大富豪の教え」本田健、大和書房
(評価:★★★★★絶対買うべし)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

「大金をつかめ!」ケン・ブランチャード、ジェルダン・ボウルズ、小学館プロダクション

大金をつかめ!―巨万の富を築いた成功者レンの物語
ケン ブランチャード シェルダン ボウルズ Ken Blanchard Sheldon Bowles 沢田 京子
小学館プロダクション (2001/06/15)
売り上げランキング: 259216
おすすめ度の平均: 4.0
4 読まないと損
4 前向きになります
4 自己啓発?金儲け?



ゴールを決定すると、リスクのかわりに解決策や答えが見えるようになってくる。頭をクリアにするには思考ではないのだ。決断なのだよ。


●組織が動くためには、明確な、不可能に見えて、実はちょっと頑張れば達成できる目標を設定するのが大切だと思います。しかし、言うのは簡単なのですが、その設定は難しい。


●ある人は、徹底的に現場に出て、自分の現場感覚から目標を設定しています。また、ある人は、部門横断チームを作り、そこの検討結果から目標を作っています。答えはないのでしょうが、目標設定が生命線であることに変わりはありません。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・財産をつくるのは・・・・・他人の財産を取り上げて、そのままにしておくわけではない。彼らのために価値をつくりだしてあげること。


・いいかね、死んでしまえば、君が経済的に成し遂げたことはすぐに忘れ去られるものだ。いつまでも人の記憶に残るのは、君が他人に何をしてあがたかなのだよ。


・経費節減、現状維持
大きな売り上げ、利益は無限


・上からの経費カット命令はうまくいかない。マネージャーとして現場を知らないからだ。経費削減を下から行うことで意義があるのだ。


●いつものケン・ブランチャードの本のように、レンという青年が体験する成功物語りです。


●教えのポイントとしては、まず、自分の楽しみから、お金持ちになる。お金持ちになってから、奉仕するという豊かさを考えるという構成になっています。確かに自分が貧乏では、他の人へ奉仕することは限定されるし、その力も小さい。米国的な合理的な話です。


大金をつかめ!」ケン・ブランチャード、ジェルダン・ボウルズ、小学館プロダクション
(評価:★★★★買うべし)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

無料速読メールセミナー
速読セミナー
【本のソムリエ流】一日一冊読む速読術

selected entries
categories
links
profile
search this site.
スポンサード・リンク
お薦め
関係書籍
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM